しみやくすみ、原因と対策

 

しみやくすみは表情全体に影響を与え、年をとって見える要因にもなりますので、できるだけ綺麗にしておきたいポイントです。
しみやくすみを消す方法はいくつもありますので、順次見ていきましょう。

まず、しみなどができる大きな原因としては、肌のターンオーバーの乱れが挙げられます。
正常な肌は新陳代謝も活発で、常に真皮層で新しい肌細胞を作り出し、古い細胞は角質として体外に排出されていきます。
できたばかりの細胞は水分も豊富に含んでおり、しっとりとした素肌になります。

しかし、加齢やストレス、生活習慣などによってターンオーバーに乱れが生じると、このサイクルが乱れて古い細胞がいつまでも滞ることになります。
そうなると、水分の不足した肌ではバリア機能も低下してしまい、紫外線や雑菌などの肌への刺激を直に受けてしまいます。
紫外線に触れた肌はメラニンを生成しますが、代謝機能が弱まるとこのメラニンを体外に排出できなくなりますので、色素沈着を起こしてシミの原因になります。

また、肌の弾力を維持するためのコラーゲン等が破壊され、肌に凹凸ができた結果、影ができてくすみの原因となっています。
したがって、これらを改善させるためには、肌のターンオーバーを正常に戻すことが第一となります。

しみやくすみ、消す方法

手っ取り早く効果が得られるのがクリニックで行われるレーザー治療で、肌の中のメラニンを破壊したり、肌にあえてダメージを与えることで、真皮層を活性化させて新しい細胞を作るように促します。
また、ケミカルピーリングやイオン導入、オールインワンゲルでのヒアルロン酸対策などもあります。
次に、これらの対策に特化したスキンケア商品があります。
メラニンの生成を抑えたり、真皮層に必要な成分を補ったり、美白効果を促すなど様々な働きがありますので、肌の状態に合わせて選ぶと良いでしょう。

上記オールインワンゲルでケアする場合にはオールインワンゲル ランキングが書いてあるサイトを参考にされるとよいでしょう。

また、サプリメントなどもあり、一緒に使用すると更なる効果を望めます。
プチ断食のダイエットで有名な酵素ドリンクも、代謝を高めて美髪や美肌作りに大きな影響があるといわれています。
また、日常生活においても肌をいたわることが大切です。

上記の通り、これらの主な原因は紫外線ですので、日焼け止めや日傘など年中紫外線対策を取ることでもかなりの効果があります。
また、肌は夜作られますので、夜更かしや徹夜などはできるだけ避けましょう。
質の良い睡眠と栄養バランスの整った食事、適度な運動、入浴などによるリラックスも肌を整える上で効果があります。